ちょっとコーヒーを。

ほっと一息。
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  334

面接ラッシュ

ただでさえばたばたと慌ただしい月曜日。に、面接を3件も入れるのはどうなの? どうなの? と思いつつ、そうも言ってられず。
って、人の転職の話ばかり聞いて、私の転職話はどこへ行ったんだろう? (^^;
とりあえず、今の会社に残る方向で考えてはいますけど。正式な回答をしてないうちからそうと決め付けられてる節があって、なんだか納得いかなーい! ふーんだ、ふーんだ(すねてみる w)。

ここしばらく面接ばかりやっていて、本業の仕事の方が疎かになっていて、でも仕事は待ったなしで、あうあう状態(文章からして、あうあう・笑)
つか、プロデューサー職まで面接してるのは何故なんだろう? (^^;

にわか面接官が覚えたことは、面接官は決して敵ではないということかな。
面接官は、より良い仕事を一緒に作り上げていける人材が欲しいのだなーと。
私自身、これまでかなり職を転々としてきたのですが、いかに自分を良く見せるか、ということに終始していました。あんまり経歴がなかったこともあるんですが。(^^;
ない袖は振れないので、ある袖を目一杯に飾ってみる。そんなことばかりしていました。
それもある意味大事なんだけど、お飾りはすぐに分かってしまうもの。本当に面接官が見ているのは、その人がこの会社にどんな貢献をしてくれるのか。メンバーたちときちんとコミュニケーションをとれるかどうか、ということなんだなと。
あと、将来性。若ければいいというものでもなく、自分で研鑽していく力があるかどうか。
それから、押しの強さ。今までこういう仕事をしてきました! この分野はちょっと苦手ですが、こっちの分野では誰にも負けません! くらいの熱意。はったりとも言う(笑)
スキルが十分にあることが望ましいですが、少しくらい足りなくても、あ、この人ならすぐ飲み込んでくれるな、と思わせることが重要。
突き詰めると結局は、コミュニケーション能力、あるいは機転や応用がきくか、ということになるのかな?

今日面接に来た人の中に、30代半ばくらいの男性だったのですが、過去の私のようなことをしていてちょっと痛いなーという人がいて、つらつらそんなことを考えてしまいました。
とりあえず、はったりもスキルのうちだ、うん w

別窓 | 仕事のこと | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アノ人を見た! | ちょっとコーヒーを。 | 週末でよかった(笑)>>

この記事のコメント

No.786
面接って見る側も受ける側も必死なんですよね。
たった数分の短い時間で、お互いイイ面と悪い面を見極める。
私も一時期とある会社の面接官をさせてもらった事があるんですが、
けっこういい勉強になりました(^^)
しかし・・・本来のお仕事に集中できないのはツライですね(^^;
またもや三上さんの時間が削られていく・・・(泣)

2006-06-27 Tue 12:12 | URL | 桜 #-[ 内容変更]

No.789
♪桜さん

> 面接って見る側も受ける側も必死なんですよね。
本当にその通りですね。
一期一会というか、初対面の人とほんの少し話して、この人はどういう人なんだろう、どんなものの考え方をするんだろう、と見極めるのは本当に大変だなーと思い知りました。
それまでは面接官ってなんてエラそうな仕事だろうと思ってたんですけれどね。(^^;
今後面接を受ける機会があったら、面接官の気持ちになって・・・と思うんだけど、そんなに器用なことはできないんだろうなー(笑)
時間・・・なんで一日って24時間しかないんでしょうねー。 orz
2006-06-29 Thu 03:21 | URL | 三上 #-[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ちょっとコーヒーを。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。